身の回りにある物でメガネが曇らない!

 

寒い部屋から暖かい部屋へ移動したときに、不意な寒暖の差でメガネが曇りませんか?
メガネが曇ると視覚が無くなり、不便ですよね。

よく見てみると、レンズの表面に水滴がついていますよね。
この水滴の正体こそが結露であり、レンズが曇る最大の原因です。

家にあるもので尚且つ、お金が掛からず気軽にできる方法はないかな?

 

そこで今回は、「これでメガネが曇らない!」について調べてみました。

 

卵白を薄く塗る

卵の殻にある卵白に注目してください!

卵白を指につけて、レンズの両面に薄く塗って拭き取ると曇りません!

卵白に入っているたんぱく質が、レンズに水蒸気をガードしているようなものです。

 

ここで注意する点があります!

卵白を使うため、レンズは汚れます。
初めて試したときは上手くいかず、汚れ具合によっては処理が面倒になります。

キレイに洗える環境の下で行うと、スムーズにいきますよ。

 

界面活性剤を塗る

レンズに界面活性剤を塗って拭き取る方法です。

おもに界面活性剤が含まれているものを探してみました!
みなさんの身の回りにあるもので代用できますよ!

※界面活性剤を塗るとレンズが劣化する原因にもなるので、この方法は応急処置として対応してください。

 

中性洗剤

指でレンズを触ると皮脂・指紋がつきますが、そのときは中性洗剤を使えばキレイになりました!

 

まずはレンズに中性洗剤を数滴ほど垂らしてください。
水をちょっとだけ加えて、力を入れずに優しく塗ります。

しっかりと洗い流し、タオルで水気が残らないようにそっと拭き取っていきます。
ティッシュでも拭き取れましたが、傷がついたのでタオルをおすすめします。

 

※お湯で実践するとレンズのコーティングが剥がれ落ちます。お湯では行わないでください。

 

じゃがいもの切り口をレンズにこする

半分に切ったじゃがいもを事前に洗ってから実践しましょう。

切ったじゃがいもの切り口をレンズにこすり、あとは乾かしておけば大丈夫です。

 

やってみて感じたことは、こすりすぎると汚れが増してしまい逆効果になることが判明しました…。

 

お風呂でメガネを掛けるときの対処法

個人的にメガネをかけたままお風呂に入ることもあります。
浸かりながら本を読みたい!

そこで、お風呂でメガネをか掛けるときの対処法もご紹介いたします。

自宅のお風呂であれば多少見えなくても、ある程度は物の配置を把握しているため、ぼやけていても対応できました。

 

しかし、外部の温泉や銭湯だと何もかもが未知数なので、はっきり見えていないと不安になりますよね。

対処法としては、レンズをお湯に浸けてタオル類でレンズを拭くと曇りづらくなりました!
お風呂から上がったあとは、水滴を拭き取りましょう。

使っていないメガネを再利用!?

メガネをかけたままお風呂に入って気づいたことがあります。

眼鏡は熱に弱いため傷が付いたり、ひび割れの恐れがあるのではないか…。

 

そこで、もしひびが入っても良いような使っていない古いメガネを掛ければ良いのではないでしょうか?

お風呂用として使えば、捨てることなくまだまだ現役として再利用できますよ!

廃棄する予定だったメガネも、今では数十年選手として我が家のお風呂で活躍しています!

 

最終手段

コンタクトレンズを使う

特に麺類やお鍋などを食べているときに、湯気が上がるとメガネが曇って食べづらいですよね。

湯気で曇るからとラーメンを頼まない方も見かけます。
これでは食事が楽しめません…。

 

そこでメガネが曇るなら、食べる時はコンタクトレンズをつける方法もアリですね。

ただ、毎回コンタクトレンズをつけなければいけないので少々面倒くさいです‥。

 

曇る度にメガネ拭きで拭く

メガネ拭きを常に持ち歩き、頻繁に拭きとる方法です。

曇る度に「眼鏡拭きを取り出して拭いたら元に戻す‥」といった面倒なループが続きます‥。

歩きながら拭いていると視界が狭くなり危険なので、毎回立ち止まって拭かないといけない。

とても効率が悪いので勧められません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

室内外との温度差で結露が起こり、メガネが曇っていたことが分かりましたね。

場所によっては前が見えなくなると、ケガの恐れがあり大変危険です。

 

もちろん、市販のメガネの曇り止め商品を使うと効率的ですが、あえてお金をなるべく掛けない方法を語ってきました。

参考になれば幸いです。
読んでいただき、ありがとうございました。